燻製にチップとして使用する木は色々な種類があります。燻製にはサクラ、クルミ、ブナやナラなどの広葉樹を使うのが一般的。

針葉樹を使うことはありません。煤(スス)が多く黒ずんでしまうし、松脂(ヤニ)による臭いがあるため。

 

「山に囲まれた揖斐川町は森林資源も豊富、そんな豊富な恵まれた資源を生かさないのはもったいない」

 

ということから始まったヒノキの燻製。

揖斐川町内で伐採した針葉樹であるヒノキのチップを使い、1年がかりで試行錯誤の末、チップを燻す前に肉と一緒に蒸すとヤニが抜けて扱いやすくなることを発見。同時に良い薫りもつけられ、針葉樹の燻製に成功した。

 

芳醇な薫りとまろやかな味わいを求め、手間ひまかけて工夫を重ねながら作ったスローフード・燻製。地産地消にこだわり、素材も揖斐川町にある森岡養豚の”飛騨美濃けんとん”を使用。口にいれるものは素材から薫りまで、まるまる揖斐川町をお楽しみいただけます。


いびがわひのき燻製セット

 そのまま食べるもよし、サンドイッチに挟むもよし、もちろんアルコールと一緒にスモーキーな味わいや薫りをお楽しみください。

 

ベーコン厚切りスライス 〇〇g

ボンレスハススライス 〇〇g

ロースハムステーキ 〇〇g

ソーセージ5本入り ×2パック

 

※こちらの商品はクール便にて発送いたします

¥3,240

  • 在庫あり
  • お届け日数:1~3日